1/7
佐藤 響
HIBIKI SATO
​Musician
Drummer
Drumtech
1993年6月8日生まれ。
東京都出身。

高校からドラムを始め、

松本幸弘氏(ex.DREAMS COME TRUE、MISIA)、

村石雅行氏(ex.椎名林檎、スキマスイッチ)に師事。

大学在学中よりプロドラマーとしての活動をスタートし、

もんたよしのり氏のバンドメンバーとしてテレビ出演や、

様々なジャンルのアーティストのレコーディングやライブサポートを行う。

2016年度のドラムマガジンコンテストにおいて一般コースの最優秀グランプリを獲得。

続く2018年にも同コンテストで最難関とされるマスターコースの最優秀グランプリを獲得。

コンテスト史上初となる二冠を達成。一躍話題となる。

エレクトロミュージック/HIPHOP/ニューオリンズファンクを得意とするが、

Pops/Rock/Jazz/R&Bなども造詣が深くジャンルを選ばず対応できるプレイスタイルが持ち味。

個性的なソロパフォーマンスや即興演奏のスキルが注目され、

ヘアショー/書道/アートインスタレーション/ライブペインティング等とのコラボレーションも数多い。

 

最近では写真や映像制作、グラフィックアートなどの分野でも活躍するマルチクリエイターである。

 
小学校〜大学まではライフル射撃競技の東京都代表選手として活躍。
8年間の活動でインターハイ3年連続出場国体出場など、

スポーツの世界においても数々の優れた成績を残している。

 
 
TV出演
テレビ朝日系全国ネット「ミュージックステーション」(2014)
フジテレビ系全国ネット「名曲お宝音楽祭」(2018)
主な共演/サポートアーティスト(敬称略)
 
椎名林檎/もんたよしのり/うじきつよし/フラワーカンパニーズ/
柴田隆浩(ex.忘れらんねえよ)/KOBASOLO/未来(ex.THE HOOPERS)/
UZI/RINO LATINA II/DELI/underslowjams/
仙波清彦/フエルサブルータ/久保田リョウヘイ/
かもめ児童合唱団 and more.
TVコマーシャル
WOWOW 30周年記念CM「Invitation to WOW」篇
「見たい、の先へ。宣言」篇(2021)
Kiss ベースメイクシリーズ CM (2021)
「メイクくずれ」編
「裏美人」編
参加作品
 久保田リョウヘイ 1st Album「RISING」M4/M6
 かもめ児童合唱団 「ワンダフル・ミュージック!」M2
 コバソロ & 未来 「丸の内サディスティック / 椎名林檎 Cover.」
ドラムテック/チューニング担当作品
 リュックと添い寝ごはん 1stミニ・アルバム『青春日記』M2/M4 
ドラムマガジンコンテスト成績
2015年- ファイナリスト(一般コース)
2016年- 👑 最優秀グランプリ(一般コース)
2017年- ファイナリスト (マスターコース)
2018年- 👑 最優秀グランプリ (マスターコース)
その他受賞歴など
2019年- Roland社主催【#あなたの音を聴かせて】コンテスト 優秀作品賞受賞
受賞インタビュー記事→ https://blog.roland.jp/artist/users_interview_hibikix/
活動年表

-2015年 ドラムマガジンコンテスト初挑戦ながらもファイナリストとなる。
-2016年 ドラムマガジンコンテスト(一般コース)でグランプリを受賞。
-2017年 ドラムの日制定記念イベント「秋の大秋山会」に出演。
-2018年 「BURR FINE COFFEE」とエンドース契約。
-2018年 シグネチャーエフェクトペダル「Hook Up Switch 2」を発売。
-2018年 フジテレビ系全国ネット「名曲お宝音楽祭」にもんたよしのりバンドとして出演。
-2018年 ドラムマガジンコンテスト(マスターコース)にて再びグランプリを受賞。2冠を達成。
-2019年 アメリカの「DRUMGEES」とエンドースメント契約を結ぶ。同時に輸入代理店契約を締結し、
「DRUMGEES JAPAN」の代表として活動を始める。
-2020年 総再生数10億回以上を誇る大人気Youtuberコバソロとのコラボレーション作品に参加。
-2021年 WOWOW 30​周年記念CMにて音楽を担当。
Hibiki Sato
Musician/Drummer
Born June 8, 1993. He was born in Tokyo.

He started his professional activities such as live support and recording while he was a university student.

It won the Grand Prix of the General Course at the Drum Magazine Contest in 2016.

In 2018, he again won the Grand Prix of the Year in the Master Course, the most difficult course in the contest.

He became the first person to win two crowns. It suddenly became a topic of conversation.

With backgrounds in electronic music, hip-hop, New Orleans funk, etc.

He is now a multi-drummer in a wide range of genres including Pops, Rock, Jazz and R & B.

He is also good at improvising and has a lot of experience in collaboration with installations, dances, calligraphy, live painting, drama and hair shows.

He is also active in artistic fields other than music, such as photography, video production and graphic art.

From elementary school to university, he was active as a representative of the Tokyo Metropolitan Government in rifle shooting competitions.

He has made a number of outstanding achievements in sports such as winning the championship in Guangzhou, participating in Inter-high for three consecutive years, and participating in national competitions.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now